上へ
メニューここまで
本文ここから

お知らせ

第11回地域資料展『東大和の鉄道』を開きます(2019年8月15日更新)

東大和市立図書館では、地域資料として東大和や近隣の多摩地区に関する資料及び東京都が作成した資料を収集し、「地域資料展」と題して年に3回、テーマを決めて本の展示を行っています。
 今年は「東大和市駅」が誕生して40周年を迎えました。昭和54(1979)年に東大和市の表玄関として旧・青梅橋駅から現在の駅名に改称し、翌年には周辺では珍しい高架駅になり、いずれも話題を呼びました。
 今回は、西武鉄道のほか軽便鉄道や多摩モノレール等、東大和や周辺の鉄道史、関連の資料を紹介します。

本文ここまで 以下、奥付です